• アーカイブ
  • カレンダー
    10月 2021
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    ブログカテゴリ
    過去の記事

施工例
 

Home » 施工例

ご近所様

2013年11月15日

おはようございます!


「絶壁」こと スタッフA です。


わたしの「二つ名」シリーズ2回目ですが、説明いたしましょう。

理由は簡単です。後ろ頭が 絶壁(ペッタンコ) なのです。 (ミスチルのトゥモネバのPVのような)


中学時代に絶壁の友人がいたので、いつもからかっていましたが、

まさか自分も絶壁だとは・・・。 30歳過ぎて知りました。

「友よ、すまん。」




さあ、今日は施工例です。

ご近所の御寺の 堂門 を改修しております。



そう、こういう門です。

上は足場を組んでいる時の写真ですが、

木の部分の汚れを落とし、きれいに塗装する工事です。


瓦も水洗しました。


まだ現在も工事中ですので、完成したらまた報告します。




さて、その後の 阿比留塗装工業 ですが、


あら、






いやん。 (昭和か!!)


丸裸ですな。おふっ!


もう何をしているか、もろわかりですが、


続きは次回!



ではまた!



[この記事を読む]


たまには施工例を ②

2013年08月08日

こんにちわ~。


日焼けしても袖をめくらないと廻りに気付かれないほど、

元から黒い スタッフA です。


ええ、子供も 黒い です。




先月の T様宅 の工事の続きです。(7月に工事は終わってます)


はい、下塗(透明です)して、


中塗りして、

 上塗で完了です。


壁はこんな感じです。

 



ブログの 手は抜きました が、   ←かなり抜いたな!

仕事の 手は抜いてません!! ←当たり前や!



今回の仕上げの色はグリーン系の色で決定しました。



ちなみに、

弊社では事前に カラーシュミレーション で色の仕上がりを見れますが、

人間の目の面積効果(同じ色でも広い面積ほど明るく見える)や、

印刷の具合とか、PCの画像の問題とか その他いろいろ で

100%イメージ通りってわけにはなかなかいかないのが 現状 です。


今回は、思ってたより色が少し薄いということで、

屋根・壁とも上塗りを少し濃い目の色に変更しました。



何が言いたいかといいますと、

ご不安な方は中塗りの時点で実際に色を最終確認してもらって

上塗りの色を変えるということも可能だということです。

柔軟に対応させていただきます。

あくまで最悪の場合ですが。

(中塗・上塗はできれば同じ色のほうが良いです)



塗替えをお考えの方がいらっしゃいましたら、

お気軽にご連絡ください。

御見積は無料です。

声をかけないと損です!


ではまた。

[この記事を読む]


たまには施工例を

2013年07月15日

こんにちは!


最近の 電子レンジ は回転しないことを知って、

軽い カルチャーショック 状態の

昭和な スタッフA です。


そのせいでブログの更新が遅れてしまいました。


ええ ウソ です。




今日は久しぶりに施工例を紹介します。


今、工事中の T様 のお宅です。



写真は足場を掛けている途中です。


実はこのお客様は弊社が 約13年前 に施工したお客様なのです。

そして塗替えの際に、数ある塗装業者から、また弊社をお選びいただきました。


T様 ありがとうございます。感謝いたします。


13年前といえば、私は入社しておりませんが、

その当時施工したスタッフは憶えているそうです。


なんか感慨深いものがあります。

どんどんこのようなお客様を増やし、次代につなげていきたい。

そう思いました。



とはいえ、13年はかなり時間が経っているので、屋根はかなり傷んでいます。

高圧水洗だけではダメそうでしたので、手作業で旧塗膜・苔などを落としました。



その後、高圧水洗しました。

  


この日の気温は33℃くらいあったんではないでしょうか?

私は作業していませんが、屋根に登っただけで汗がでるくらい暑かったです。


職人さんは帰ってきたら日焼けしてました。もう クッキリ と。

おつかれさまでした!水分・塩分補給忘れずに!!


乾燥を一日とって、来週からは塗装です。

この写真は先週撮ったので、実は今週から塗装です。


またご紹介します。


ではまた。

[この記事を読む]


サンドブラスト:砂の種類

2012年12月20日

みなさん こんにちは。

もう今年もあとわずかとなりましたが、

車内の隙間風が身に染みるこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

(私だけですね・・・)


今日は以前ご紹介しました「サンドブラスト」で使用する「砂」について触れてみようと思います。


弊社が塗装用で使用している砂は新特5号Aという種類です。

塗装用のサンドブラストでは基本的にはこれしか使用してないですが、

それ以外では、粒の大きさで1号A(大きい)~7号(小さい)に分けられています。

先日お客様のご依頼で砂の粒の大きさで数種類サンプルを作りましたのでちょっとご紹介します。

かなりわかりづらいと思いますが・・・。


3号A

仕上がり  粒が大きいので目が粗くなります

 


・新特5号A(弊社通常使用)

仕上がり  3号Aと比べて目が細かいです。


・6号A

仕上がり  さらに細かくなってます。


やはり写真ではお伝えしづらいですが、表面の仕上がりが違います。(粗い~細かい)

先述しましたが、塗装用のサンドブラストには真ん中の新特5号A以外を使うことはほとんどないですが、

お客様の用途に応じて、上記のように打ち分けることができます。


ご要望がおありの際はお気軽にご連絡ください。

小さいものから承っております。


では今年もあとわずか。

病気やお怪我のないようお過ごしください。


ではまた。

[この記事を読む]


FRP防水(最終)

2012年11月05日

みなさんお久しぶりです。

今日は昨日のから引きずって雨が降ってますね。

週明けから嫌な天気ですが、以前「施工例」でお伝えしていた

FRP防水の上塗りが先週完了いたしましたのでご紹介します。


↓施工前(既存シート取外し後)             ↓上塗り施工完了

 → 


後は、上塗りが劣化する前に定期的に塗り重ねていけば大丈夫です。

上塗りが劣化して下のFRPがむき出しになったまま放置してしまい、紫外線にさらされてFRPまで劣化してしまうと

FRPからのやり直しになってしいますのでご注意ください。


今週は雨からのスタートですが、

みなさんがんばりましょー!!


ではまた。

[この記事を読む]


FRP防水

2012年10月10日

こんにちは。

最近スタッフブログばかりだったので、たまには施工例を紹介しましょう。

ちゃんと仕事をやっているのです。ホントに。

今やっているFRP防水です。

FRPは繊維を樹脂で強化したプラスチックです。カッチカチです。

↓ガラス繊維のマット

↓まずは既存のシートを剥ぎ取り、ひび割れ等を補修します。

剥ぎ取り前                   剥ぎ取り後

↓よくケレン・掃除をした後、プライマー(下塗り)を塗って、(色が変わってるところが塗装済み)

乾燥後(翌日)FRP樹脂を塗ります。

ガラス繊維のマットを敷きます。(端っこなので少しずつ切り取って敷いてます)

↓そしてすぐまたFRP樹脂を塗ります。

↓そして、専用のローラーで空気をよく抜きます。空気が残るとそのまま固るので念入りに。

これを繰り返し、全体に敷いていきます。根気のいる作業です。

↓完了後はこんな感じです。わかりづらいですね・・・。アップを見ると繊維がわかると思います。

  

この上に上塗りを塗装して完了です。こちらのお客様の場合は遮熱の塗料を塗る予定です。

FRPは紫外線が天敵なので、なにも塗らないと劣化してしまいます。

ですが、今後は上塗りを定期的に塗装しくだけでかなりの年月もちます。

また施工したら紹介しますね。

ではまた。



[この記事を読む]


施工例:屋上防水②

2012年09月26日

こんにちは。

私のほうは相変わらずくしゃみ・鼻水がでてますが、

みなさんはいかがでしょう?

さて。屋上防水のつづきです。

↓④下塗材塗布

全面に下塗材をコテで塗っていきます。

その後、全体にプライマーを塗布します。

↓下塗完了写真

↓⑤上塗り

あとは全面に上塗りを4回ほど塗布しました。

横の2名は手摺の基礎部分をコーキングで補修しているところです。

↓完成写真

  ← 

見違えるほどきれいになりましたね。

今のところ雨漏りはないようです。

今回は塗装防水でしたが、シート等を使った防水もやっておりますので

またいつかご紹介します。

ではまた。


[この記事を読む]


施工例:屋上防水①

2012年09月25日

こんにちは。

最近朝方がかなり寒くなってきてすっかり秋の様相ですが、

みなさん風邪などひいておられないでしょうか?

今日は最近施工した屋上の防水塗装を紹介します。

↓施工前

荷物があって見づらいですがかなり傷んでて下の階に水漏れしていました。

↓①下地処理

  

まずは表面に付着している苔やゴミ、旧塗膜を電動工具や手作業でできる限り落とします。

↓②高圧水洗

高圧水洗後は2~3日乾燥をとります。

↓③クラック(ひび割れ)補修

サンダーという工具でUカットし、補修材が入り込みやすいようにします。

その後ブロワーで清掃します。

 そしてクラックの補修です。

写真を撮り忘れましたが、下記3工程の補修をしてます。

下塗材塗布→プライマー塗布→上塗り塗布

さて、いよいよ全体を塗装していくわけですが、

ぶぇーっきし!っきし!!

文章も長くなってきたし、くしゃみ鼻水もでてきたので続きは明日ご紹介します。

そうです、わたくしは風邪気味のようです。

みなさんはお気を付けください。

ではまた。






[この記事を読む]


施工事例

M様邸
F社様
T様邸
K様邸 塀
N様邸
K様邸
T様邸
M様邸
K様邸
K様邸
T様邸
K様邸
F様邸
K様邸
T様邸
Copyright2021 © 株式会社阿比留塗装工業 All Rights Reserved.